このブログが気になったら...
もし良かったら<お気に入り>に追加して,
メルマガを購読して,
<人気blogランキング>に投票して下さい(^^;

2006年01月18日

フライトプラン(Flight plan)

〜自殺した夫の亡骸と共に幼い娘を連れて搭乗する
 ふとしたすきに姿がみえなくなる幼い娘
 機内では皆娘を見た覚えがないと...
 果たして娘は本当にいたのか?〜

ジョディーフォスター主演,はるか上空を航行する機内でのパニックムービーです

これは結構楽しめました!
一緒に搭乗したはずの娘を誰も知らないという
それどころか搭乗した記録も,出国した記録さえもないなんて...

唯一の大事な娘を奪われた母親の緊迫感を見事に演じています

ちょびっとフォーガットンっぽさもあるんですけど,これはまた違ったサスペンスムービー
この作品の方はラストのからくりが現実的でなかなかのもんです

最近こんな感じで,

 自分には見えるけど他人に見えない

とか

 起こっているのに誰も信じてくれない

といった映画が多いですよね

流行なのでしょうか?
もちろん私もその流行に踊らされてる一人なんですけどね(^^;

お奨め感覚:★★★★☆(4)
posted by たぁきー at 23:38| Comment(31) | TrackBack(79) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

バンリュー13(Banlieue 13)

〜犯罪多発地帯として隔離されている第13地区
 そこに住む我が物顔のギャングスター
 核弾頭を盗みそこへ運び込むだけではなく起動させてしまった!
 果たして核爆発を阻止することは出来るのか?〜

リュック・ベッソン製作/脚本
すっごいスピード感たっぷり
心地よい緊張感が絶えない作品です

この第13地区で生まれ育ったダヴィッド・ベル演じるレイト
隔離された第13地区が核の脅威にさらされている中,カウントダウンを止めるためにガイドとして潜入捜査官ダミアンと二人で乗り込み爆発阻止に向かうのだが...

カーチェイスも多少ありますが,今回は主人公の生身のアクションがもう最高です!
本当にすごい!の一言
最初はあの「ヤマカシ」をちょっとイメージしてしまったのですが,そんな不安はすぐに吹っ飛び,ストーリも十分楽しめました

「こんなに身軽に動くことができるのか!?」

是非この素晴らしいアクションを観て楽しんでください(^-^)
ラストで暴かれる陰謀も,ありがちといえばそうなのですが,なかなか痛快です(^-^)

お奨め感覚:★★★★★(5)
posted by たぁきー at 12:32| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

アゲインスト・ザ・ロープス(Against the ropes)

〜男だけの社会,ボクシングマネージャ...
 自分の腕を信じてボクサーを育てようと男社会に喧嘩を売る美人秘書
 はたして彼女はその目的を達成できるのか?〜

幼い頃からボクシングジムで育ったメグライアン演じるジャッキー
以前より男の世界とされてきたボクシングプロモーション界へ殴り込む
自からの実力,見る目を信じて黒人ボクサーを育てようとするが...

ボクシングを愛してやまないジャッキー
女性マネージャというだけでボクサーよりも注目されてしまう
プロモーションすべきはボクサーだと分かっていても,いつのまにか自分をプロモーションしている

今回はいつものラブコメメグライアンではありません
可愛いことに違いはないのですが,自信に満ち溢れ信念を追求する女性を好演しています
女性だということで差別を受けながらも相手に立ち向かう
でも少し我が強過ぎでガサツで男勝りなので,結局男っぽく描かれてしまってるんですけどね(^^;

ワールドチャンピオンを4人も育てた実在の人物ジャッキー・カレンをモデルにしたストーリ
迫力あるボクシング映像も満載ですが,信頼・友情・信念をテーマにしたヒューマンドラマです

お奨め感覚:★★★☆☆(3)
posted by たぁきー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

クラッシュ(Crash)

〜交通事故...
 全く別の人生を送る人々が事故を起点に関わっていく
 その結果に待ち受ける答えとは?〜

クローネンバーグのクラッシュではありません
クローネンバーグのクラッシュは

 「交通事故により快楽を得る異常な性癖の持ち主」

を描いた映画(これはこれでかなり衝撃を受けて好きになった映画です)ですが,こちらのクラッシュは

 「米国社会が抱える問題」

をテーマにしたもので,クローネンバーグのそれとは対照的な作品です。

ドン・チードル主演
サンドラ・ブロックやマット・ディロン等など有名どころも結構でています

ひとつの交通事故を背景に様々な人種,職業の人たちが関わっていきます
正直なところ,作者が一番言いたいことがよく分からない映画です
人種差別についてなのか,銃社会への警鐘なのか,ますます大きくなる貧富の差を訴えているのか?
どうなのかよく分かりません
観終わった後も,何がテーマだったのか...なんだか釈然としない,そんな感じでした
でも良く考えてみると「どれ」というわけではなく,そういった現米国社会そのものを非難しているのかもしれませんね

映像で得られる内容だけではなく

 「映像の背景に隠されたものを読み取る」

そんな観方が好きな方には薦められる映画ですが,エンターテインメント性は低いので,私のように

 「映像を楽しみたい」
 「映画に逃避したい」

そんなタイプには不向きな作品だと思います

お奨め感覚:★★☆☆☆(2)
posted by たぁきー at 23:12| Comment(1) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

SAW 2

〜あの事件だけでは終わらなかった...
 くりかえし迫り来る罠の数々,彼らは乗り切れるのか?〜

あのSAWの続編,今度はちょっと行動範囲が広がります

正直なところ,前作のSAWはもひとつ馴染めなくてちょっとしんどかったのです
あまりシーンに変化がないからでしょうか?
どうも退屈になってしまうんですよね

がしかし,今回は少し動き回れる範囲が広がります
そのせいか結構変化があって1作目より楽しめました

個人的に一番きつかった罠は1つ目の分です
なぜかっていうと...実は過去に眼球を手術したことがあって,眼球カット系の映像にはめっぽう弱いんですよね(;_;)
この話はいつか機会があればしてみようと思います(かなりグロ系)

ちょっと疑問だった罠は注射針のもの
最後まで観ればわかるんですが「何故探すのよ?」ってものです
ネタバレしちゃいそうなのでこれ以上は触れません
なぜそう思ったのか,それはご自分の目で確かめてください(^-^)

しかし「息子」の終末,「やられたー」って感じ
あまりストーリに意味のない映画ではありますが,この結末で一気に大作を観た気にさせてくれます(^-^)

エンディングでは3作目を予感させていますが,次回作ではいったいどんな罠を仕掛けてくるのでしょうか?


お奨め感覚:★★★☆☆(3)
posted by たぁきー at 22:31| Comment(16) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

香港国際警察(NEW POLICE STORY)

〜警察を狙う残虐な犯罪集団を壊滅させるため部下を引き連れアジトへ乗り込んだチャン
 しかし,彼らを待ち受けていたのは...
 全ての部下を失い失望のどん底に突き落とされたチャン
 果たしてこの苦悩を乗り切ることはできるのか?〜

ジャッキーチェンの痛快アクションものです!

今回はジャッキーお得意の正統派アクション,目を見張るシーンの連続です

やっぱりジャッキーの映画はこうでなくちゃいけませんよね(^-^)

ストーリは明確!

部下を失い失望の日々を送るチャン

自分を責め酒に溺れ,婚約者とも疎遠になっていく

そんなある日,チャンの前に訪れる若い警官

彼と共に現場復帰を遂げるのだが...


昔からジャッキー映画では,

「大事な人を失うといったひどい目にあわされて,その無念さや大事な人への想いをばねに復讐を果たす」

といった流れが定石だったんですけど,ある意味この作品もその流れをしっかり受けています(^-^)

これが彼のアクションの良さを最大限に感じられる環境を作ってくれているのかもしれませんね

それでも前半の失望の日々にあけくれるあたりはちょっと長すぎる感じがありますけどー(^^;


しかしジャッキー,もう結構な歳になっちゃってるはずなのにあの動きはもう「すごい!」の一言につきます!

いったいいつまでスタントなしであんなアクションを撮り続けられるのでしょうか?

もう本当に圧巻です

でもきっと,スタントが必要になった時には辞めちゃうんでしょうね(;_;)

それまでにもっともっとたくさん素晴らしいアクション映画を残して欲しいものです


もちろんジャッキー映画のアクションは,殺陣をはじめ,他の色んな役者さんがあって成り立っているものも多くあります

それを考えると香港の実力ってほんとすごいなって感心します

今回も例に漏れず,恐ろしい程動ける役者さんが多数出演されてるので,まだ観てない方は是非このアクションを楽しんでください


そうそういつものお惚けアクションスタイルは変わらず健在です

「興ざめするよー」って気持ちになりがりですけど,受け入れさえすれば映画はずっとおもしろくなるのでどーんと受け入れて楽しみましょう(^^;


お奨め感覚:★★★★★(5)ほんと楽しめました(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ・ウェア製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツ・ウェアがたった1枚から作れる!





posted by たぁきー at 19:54| Comment(5) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

炎のメモリアル(LADDER 49)

〜ビル火災現場に突入する消防士
 救助中に滑落し炎の中に閉じ込められてしまう...
 果たして彼は無事家族の下へ帰れるのか?〜

火災現場に取り残された消防士の救出と,死を自覚した者が見る過去の記憶のフラッシュバックとが交錯して進行するような作品です

傷を負い気を失いながらも必死に脱出を試みる消防士

気を失ったときに甦る過去の記憶

消防士として入隊してから現在に至るまでの記憶と炎の中に取り残された現状とのギャップが痛々しいです

終盤には「赤い車」がキーになってくるのですが,その情景は軍隊と共通するものがあるなと感じました

しかし本作品,かなり消防士を美化した映画になっています

もちろん作品中では非常に危険な職業だってことを強調しているのですが,強調すればするほど「勇敢さ」が際立って英雄化しているように感じられました

意図はよくつかめませんが,あの多数の消防士が犠牲になった同時多発テロの影響もあるのでしょうか?

---

ジョントラボルタ,ひさびさに良い人(というか悪役じゃない人)を演じています(^^;

最後に見た「良い人役のジョントラボルタが演じている映画」って...フェノミナン?

そんなことないかな?(^^;

相当長い間悪役しかやってないなぁって思うぐらい今は悪役印象が強くなってしまいました

良い人役のジョントラボルタも結構いいんですけどねー(^-^)

主役はホアキン・フェニックスです

素直で一本気でまじめそうな役を演じるとハマりますよね

消防士にしてはちょっと肥満がかった体型でしたけど(^^;

---

さすがCGを使わず実際の炎を使っただけあって火災シーンの迫力は相当なもんです

緩急織り交ぜたストーリー進行も良い刺激になっています

でも映画トータルとしてみるとバックドラフトの方が面白かったかなぁってのが正直な感想です

アクションムービーとヒューマンドラマなんで比較すべきじゃないかもしれませんけど...(^^;


お奨め感覚:★★★☆☆(3)少し期待とは違いました

---

お友達のオリジナルTシャツ・ウェア製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツ・ウェアがたった1枚から作れる!




posted by たぁきー at 11:39| Comment(3) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ナショナルトレジャー(NATIONAL TREASURE)

〜先祖代々追い求めてきたフリーメイソンの秘宝
 その在り処の秘密は独立宣言書にあった...
 一族の汚名を晴らすべく奔走するベン
 果たして秘宝を手にすることはできるのか?〜

ニコラスケイジ主演です!(^-^)

インディージョーンズのようなアドベンチャーを想像していたので気楽に観始めたのですが...

結構現代劇で深みもあり,面白い1作でしたー!(^o^)

盗みや謎かけ,もちろんしっかりアドベンチャー要素も含まれててスクリーンに釘付けです(^-^)

序盤はなんだか話が進まない感じがあって,ちゃんとエンディングを迎えられるのか心配になりましたが後半ぐんぐんストーリは進んで無事エンディングを迎えられました!
#当たりまえですけど(^^;

こういったいろんな要素を詰め込んだ映画では,どうしてもどれもこれもと欲張るからなのか中途半端にになりがちですが,本作はなかなか楽しませてくれます。

もちろん主観なんですけどね(^^;

しかしこれは楽しめました!

ラストの炎が走った後に全容が明らかになるシーン,圧巻です(^-^)


情熱を持って,あるかないかも分からない秘宝を追い続けるなんて...

私にはとても出来ません(^^;

しかし,なかなかの経歴の持ち主のベン,それとはうらはらにしょぼしょぼなので逆にリアルでした

それを考えると私にも出来そうなんて思ってしまいます(^^;


そういえばニコラス・ケイジを見ると昔知人が言っていた事を思い出します

「ニコラスケイジって名前は何なの?」

「名前ってニコラスケイジだけど?」

「だからニコラスケイジの名前は!?」

知人は「ニコラス刑事」って役名だと思ってたようです(^^;
ベタですけど実話です...というかありがちですよね(^^;


お奨め感覚:★★★★★(5)私はお奨め感覚5でお奨めします(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ・ウェア製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツ・ウェアがたった1枚から作れる!




posted by たぁきー at 21:07| Comment(6) | TrackBack(9) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

着信アリ2

〜携帯の電話帳から感染すると言われる霊現象
 感染すると未来の自分から着信し死へと導かれる...
 あの噂は真実で,まだ終わっていなかった〜

恐怖の「着信アリ」の続編です!

今回は柴崎コウに変わってミムラ主演,映画界では2作目は当たらないと言われていますが果たして今回はどうなんでしょうか?

結果...微妙でした

恐怖度から言うと1作目の方が良く,面白味があったように思います

霊による殺され方ももうひとつの中途半端さで少し拍子抜け系でした

ストーリも散雑で,フラグメントの集合といった感じで観客がストーリを組み立てる必要がある気がします

前作から引き継いでいるようで,脈略のないつながりはある意味歯がゆいもので,

「ちょっとどうなのよー」

って具合に思わせます

舞台も無理に海外に飛んでるような気がして...

ただ,ラストのストーリ展開は「おー,そういうことなんだー」って感じで面白かったです

でももう少し表現の仕方を変えてたらもう少し良くなってただろうになぁ...

ちょっと残念です(-_-;

あと,音響によるビビらせ方だけは2作目の方が強化されていたように思います(^-^)

題材は個性的なのですが,描写はありきたりになっちゃってたのでこう感じたのかもしれませんね

やっぱり残念です(-_-;


お奨め感覚:★★★☆☆(3)おまけのお奨め感覚3です

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!




posted by たぁきー at 23:53| Comment(6) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

セルラー(CELLULAR)

〜携帯にかかってきた1本の電話
 それは誘拐されて監禁されているという女からのものだった...
 受けたのは元カノから子供だとバカにされたライアン
 この見ず知らずの女からの電話をいったいどうするのか...〜

なかなか楽しませてくれた作品

ストーリも分かりやすくて面白かったですー(^o^)

なぜか私はこの作品をホラーサスペンスだと思い込んでたんで最初は???だったのですが,すぐに勘違いに気付けました(^^;

これだけ身近になった携帯電話...

それがテーマになる映画が増えてきましたよね

ボイス,着信アリ,着信アリ2...

「それだけかー!」って声が聞こえてきそうですけど,今から「着信アリ2」を見るつもりなので許してください(^^;

「ボイス」や「着信アリ」は携帯が死へのエントランスになっていますが,この作品では「命をつなぐ僅かな望み」として希望を表すアイテムになっています

僅かな望みを託して壊れた電話機を使って電話をかける...なかなかできないですよね

「よく電話がつながったな」

と思う前に

「よく電話をかける方法がわかったなぁ」

って感心してしまいます(^^;

この女性を演じるキム・ベイシンガー,切迫した女性の危機的感情をうまく演じています

やはり大女優ですよね(^-^)

純粋に恐怖を感じる女性,子供を想う女性,夫を想う女性

観入ってしまいます


全体の流れでは,中盤〜終盤には無理な演出もありますが,途切れない緊張感のおかげで気にせずストーリに集中できます

また良い具合でイベントが起こるので,緊張しながら最後までずっと楽しめました(^-^)


しかしこの事件の背景にある別の事件,アメリカなら普通にありそうでほんと恐いですよね

そんなとこに出くわしたら私は逃げることしか思いつかないでしょう(^^;


誰だかさっぱり分からない女性からの電話

間違いやいたずらと感じてはいても疑いきれず電話を切ることができない...

ライアンは正義感の強い人ですよね(^-^)

わたしならきっと切ってます

というか知らない番号なら出ないと思う(^^;


そうそう,エステ開業準備中の警官,もうちょっとかっこいい人を使って欲しかったですー

なんか「しょぼキャラ」過ぎで...(^^;


お奨め感覚:★★★★★(5)携帯で話しながらの運転はやめましょう(^^;

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!




posted by たぁきー at 21:05| Comment(3) | TrackBack(17) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

クライシス・オブ・アメリカ(THE MANCHURIAN CANDIDATE)

〜湾岸戦争で夜襲された部隊をたった一人で救ったレイモンド・ショー
 勲章を受けヒーローとなり遂に副大統領候補になるが...
 部隊の全員が一字一句異なることなく記憶している彼の勇敢さ
 しかし,夢で甦るのは全く違う事実だった〜

デンゼル・ワシントン主演,メリル・ストリープ共演です

最初はただの大統領選,プレジデンシーの映画だと思っていました
正直なところちょっと24がダブった感じでレンタルしました(^^;

しかし,観ているうちにどんどん全く違う映画だというのが分かってきます

デンゼル・ワシントンは部隊を救ったレイモンドの上官,マルコ少佐を演じてます

マルコは彼に救われたことを記憶してはいるものの,毎晩うなされる記憶とは異なる「夢」に悩まされます

記憶では彼は英雄なのですが,夢では全く反対なんです

真実を知るべくマルコは調査を始めるのですが,実はそこには...


メリル・ストリープはレイモンドの母親で上院議員の女性を演じています

さすがベテラン,ストーリ展開の大きな役割を握っているこの女性をそつなく演じきっています

ある意味猟奇的とも言えるこの役に彼女はぴったりですね

しかし昔は恋愛ものも演じた彼女,だいぶ歳をとりました(^^;


普通の選挙映画か?と思わせたこの作品,SFちっくな要素も盛り込んでストーリにスパイスを効かせています

ただ,中途半端にSFちっくだったせいか,そのSFちっくなあたりが微妙に歯切れの悪いものとなってしまっていて,もうすこし歯切れが良ければもっと面白かったのになぁ...って感じです(^-^)


お奨め感覚:★★★☆☆(3)ラストの展開,分かるんだけど強引かなぁ(^^;

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!





posted by たぁきー at 12:49| Comment(6) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

コントロール(CONTROL OF ANAGRESS)

〜死刑執行された死刑囚リー,しかし彼は生かされていた
 生を与えられる代わりに,新薬の治験を強要されるが...
 凶暴性をなくし,後悔や慈悲の感情を持たせる新薬アナグレス
 死刑囚リーに何が起こるのか?〜


ウィリアム・デフォーとレイ・リオッタ共演のサスペンス!

これは面白かったです!(^o^)
ほんとに面白かったです

もう少し尺があった方が良かったかなぁ...
ちょっと展開が早すぎる感じで,「もう少しじっくり話しを観たいなぁ」といった不完全燃焼系の気持ちはちょびっと残りましたけど,とにかく面白かった一作です

ウィリアム・デフォー演じる新薬を開発する博士とレイ・リオッタ演じる死刑囚リー

この二人の心の計り合いが単純なサスペンスではなくしています

どうしてもこういったサスペンスにはありがちになってしまう「あれ?」って思うような微妙な矛盾はありますけど,ラストの展開はそれも忘れさせるほどのもので,結果的に「面白かったー!(^o^)」という気持ちにさせてくれます

最後にキーとなる「〜効果」

昔,学校で先生から死刑囚に「〜効果」を試したらほんとに死んじゃったって話を聞かされて驚いた覚えがありますが,それだけにこの話が面白く思えたのかも知れません

でもこれ以上書くとネタバレになりそうなのでこれぐらいにしておきます(^ー^)


お奨め感覚:★★★★★(5)「えぇー!」,ラストで驚いてください(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!



posted by たぁきー at 23:45| Comment(6) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

アナコンダ2(ANACONDAS THE HUNT FOR THE BLOOD ORCHID)

〜7年に一度,一週間だけ咲くと言われる幻の蘭
 その花には細胞の老化を遅らせることができる成分が含まれるのだが...
 会社存続の危機から抜け出すために一攫千金をねらってボルネオに乗り込む研究者達
 果たしてそこに待ち受けるものは...?
 〜

永遠の命題である不老薬を手に入れるためにジャングルへと進む研究者パーティー

しかし雨季を迎えたボルネオの川は,まるで行かせないようにするかのように行く手を阻みます


生き残りをかけて巨大ヘビ「アナコンダ」の脅威と戦うサバイバルアクション

前作アナコンダの続編,ジェニファー・ロペス主演のあのアナコンダの続編(でも今回は出演していません)です

続編と言っても前作とストーリ的にはつながりありません

題材を変えてアナコンダを強化してリメイクしたと言った方が良いかもしれません

ストーリ運びは前作とあまり変わらないもので,サバイバルアクションにありがちな

 ・恐怖の対象が現れる

 ・一丸となって恐怖から逃れようとする

 ・でも輪を乱す者が出てくる

 ・そして...

といった運びになっていて,非常に分かりやすい内容です(^-^)


この映画の見所はやはりアナコンダの描写,前作よりも気合を入れてきていることが分かります

単独のアナコンダもいい感じなのですが,「つぼ」なんかは最高で背中がゾゾーっとすること間違いなしですね

ヘビ嫌いの方には絶えられない仕上がりになっています(^^;


しかしあれだけ大きいヘビが近くを動いていても気付かないものなのかなぁ?っと観ながら思っていたんですけど,よくよく考えると

「普通のヘビとその餌になる小動物の体格比」



「アナコンダと人間の体格比」

って似たようなもんなんですね

それじゃ気付かなくても仕方ないかってなんか変に納得してしまいました(^^;


ストーリ展開はすぐに読める,B級...

でもこういうの私は好きなんですよねー(^-^)


お奨め感覚:★★★☆☆(3)「アナコンダ」を楽しみましょう(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!




posted by たぁきー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

サスペクト・ゼロ(SUSPECT ZERO)

〜まぶたを切り取られた死体,目を閉じることもできず何かを見続ける死体が意味するものは?
幻覚と偏頭痛に悩まされるFBI捜査官が捜査の末に行き着くところは...〜

面白かったですー!(^o^)

最初から犯人が出てきちゃうんで,

「なんで?シリアルキラーのサスペンスものじゃないの?」

って???でした








でも,全然違う角度で切り込んでくるサスペンス,うかつでした(^^;

捜査官宛に大量に送られてくる失踪情報
不可解なイラスト
悩まされ続けている偏頭痛と幻覚

様々な「キー」が絡み合って事件の真髄へと導いてくれます

そして,「犯人」が大きな「キー」となってストーリを揺さぶります

想像していたものと全く違うストーリ展開が新鮮で,ぐぐっと見入ってしまいました

ほんと面白かったです

観てください(^-^)

お奨め感覚:★★★★★(5)多くは語りません(^ー^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!





posted by たぁきー at 23:15| Comment(6) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

THE JUON-呪怨-(THE GRUDGE)

〜代役で介護に訪れたカレン,散らかった部屋を片付けようとするが...
 呪われた家に足を踏み入れてしまったカレンはこの後どうなるのか...〜

例の呪怨です!
大好きな呪怨です!(^o^)

清水崇がハリウッドの技術力を得てリメイクしたということでかなり期待して観ました

結果としては微妙な感じです
面白いのは面白いんですけど,もちろんストーリは知っている,恐怖どころもわかっているってこともあってか,衝撃度はオリジナルの方が数段上でした
またSFX的な面でもオリジナルの方が良かったと思います



視覚的な呪怨の怖さはやはり

 白い子供

だと思うんです

もちろん防犯カメラに写る伽椰子や布団の中に引きずり込まれるところもそうですけど,やっぱり「白い子供」だと思うんです
#役柄ではなく「白い」子供

それを考えるとSFXなんて別に無用なんですよね
白塗りで,目を黒く縁取った子供を用意すればいいんですから(^^;

その子供と,ストーリに垣間見る呪いの家の背景,じめっとした感じの映像と,日本人の表情

これらが組み合わさってあの「恐怖」を醸し出しているような気がします

結果,オリジナルに軍配があがってしまいました

別にどっちが勝ちとかそういうもんじゃないんで,そんなことどうでもいいことなのかも知れませんけど(^^;

オリジナルを観た人はオリジナルとどういったところを変えて撮ってるのか比べてみたり,初めての人は純粋に怖さを味わう
そんな楽しみ方はどうでしょうか?

でも結局リメイク版も怖くて面白いんですけどね(^^;

お奨め感覚:★★★☆☆(3)初めて観る方にはお奨め感覚4です!(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!



posted by たぁきー at 15:54| Comment(8) | TrackBack(13) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

カンフーハッスル(KUNG-FU HUSTLE)

〜悪玉になりすまし小金を巻き上げようと乗り込んだ超オンボロアパート
 しかしそこの住人はカンフーの達人ばかり...
 果たしてこの後どうなってしまうのか?〜

「ありえねー!」でお馴染みのカンフーハッスル
ぶっ飛びで楽しませてもらいました(^o^)

この映画はカンフー映画なのかコメディーなのか,よく分からない作品ですよね
でも良いんです,面白ければそれで良いんです(^^;

小林サッカーの時もそうだったんですけど,とにかくオーバーアクションに徹する
とことんやってしまうところがチャウ・シンチーのいいところなんでしょうか?
私は彼の作品のそんなところが大好きです(^-^)
中途半端にやっちゃうとどうしても「ふざけてる」って感じてしまって面白みもなくなるんですけど,ここまでやればほんと楽しいんですよね(^-^)

そんなとことん「おふざけ」に徹底した映画でありますがカンフーの達人の格闘シーンは見応えがあります
笑いの要素も盛り込まれてるんですけど,迫力ある映像になっています
普通の映画なら男前や美女の達人が格闘するところなんでしょうけど,中年太りのおじさん,おばさんがマジで格闘しているのが,ある意味リアリティを高めている,そんな感じがします
もちろん「いくらなんでもやり過ぎー」ってシーンもあるんですけどね(^^;

いつもの私なら「こんなアクションコメディーにそんな設定いらないのにー...」って思ってしまう,感動を盛り込もうとするところ
この映画にもあるんですけど,このカンフーハッスルでは全く違和感なく観れました
他のいろんなシーンを観ているうちに結構この作品を気に入ってたのかも知れませんね(^-^)

とにかくおもしろかった作品,好感をもてる作品です(^-^)


そうそう観終わってふと思いました

「この作品,LOVERSやHEROのようなタッチで描いたらどうなるんだろう?」

どちらもCGやワイヤーアクション使いまくったりド派手なアクション映画なので,言ってしまえば似たような映画です
#「似てる」ってのはちょっと乱暴かもしれませんけどー...(^^;
迫力はすっごくアップするかもしれません
でもやっぱり「ふざけてる」方がおもしろい映画なのでしょうね
LOVERSやHEROは大好きな映画ですけど,その調子でカンフーハッスルをやっちゃったらつまらない映画になりそうですもんね(^-^)

お奨め感覚:★★★★★(5)私は好きです(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,594円(税込)〜!






posted by たぁきー at 19:54| Comment(4) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ステップフォード・ワイフ(Stepford wives)

〜大きなミスが原因で職場を追いやられた女性敏腕プロデューサ
 美しいステップフォードの街で新しい生活を始めるのだが...
 違和感のある街の従順な妻達,何が彼女達をそうさせているのか?〜

ステップフォードの主婦達はみんながみんな綺麗に
まるでお人形さんのように着飾っています(^-^)
#ちょっと田舎臭いと言うか古臭い感じだけど(^^;

理想的な主婦像(男性視点)を絵に書いたようで,
その様にニコールキッドマン演じる元キャリアウーマンのジョアンナは違和感を感じます
主婦達は常に笑顔を絶やさずいるのですが,
どこか冷たい作られたような笑顔...

その裏側にはあんな秘密が隠されていたんですねー(^^;

結構恐い内容なのに,絵も話も明るくまとめられた作品です
描きようによってはかなり恐いサスペンスホラーになると思うんですけど,
美しい町並みや着飾った人たち,もちろんBGMの影響もあって恐ろしさは感じません
#ラストのあのシーンを除いては...(^ー^)

本当に主婦達は綺麗,まるでバービー人形の実写版といった感じで絵が美しいです(^-^)

抜けるように白い肌のニコールキッドマンもバービー人形スタイルになるシーンがあるんですけど,
本当にびっくりするぐらい綺麗ですよね
他の主婦達とは比べ物にならないくらいです

「はー...」って感じで見惚れてしまいますよ(^-^)

「ステップフォードの妻達には秘密がある」

このコピーだけが予備知識で観始めたのでヒューマンドラマを想像していたんですけど
全然違う,ずっと意外な展開ばっかりです
それもそのはず,ストーリそのものはサスペンスホラー
これは想像以上に楽しめました!(^-^)

しかしステップフォードの街はセキュリティもばっちりでほんとに綺麗!
実在するなら住んでみたいものです(^^;
#街並みだけね(^^;

お奨め感覚:★★★★☆(4)意外な面白さです(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,594円(税込)〜!






posted by たぁきー at 12:16| Comment(8) | TrackBack(14) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

AVP(エイリアンvs.プレデター:ALIEN VS. PREDETOR)

〜南極大陸に熱源を捉えた衛星画像,いったいそこには何が?
 厚く硬い氷の下にはなんとピラミッドが...
 エイリアンとプレデターの硬く冷たい戦いが始まる〜

最初に言っておきます
ストーリに期待してはいけません(^^;
エイリアンもプレデターもドキドキ緊張感が売りの映画ですが,
この作品はちょっと違います
それを前提に話をすすめましょう(^-^)

エイリアンとプレデター,どっちが強いって聞かれたら迷わず

「プレデターでしょう!」

と思っていたので,

「何がエイリアンvs.プレデターなのさー」

って感じだったのですが,なるほど,
プレデターがエイリアン狩りをするなんてうまく考えたものです
これなら納得(^^;

古代の歴史と結び付けようとかそういったストーリへの小細工もありますが,
そんなことは気にしないで観ましょう!(^o^)

エイリアンやプレデターに人間が殺られるシーンはもちろんあるのですが,
これはもう見飽きた感が強くて特にこれといって目新しいことはありません

しかし!
さすがにプレデターとエイリアンの格闘は見応えばっちりです!(^-^)

エイリアンのしぶとさとプレデターの激しさ...

タイトル通りここが見所の作品なので力の入れ具合は他のシーンとは段違い
お互いの長所短所をうまくからませて,迫力の格闘シーンを見せてくれます

ラストへ向けてのプレデターと人間の「こころ」の動きは無理矢理ですが,
ちょびっと感動を盛り込んでストーリをまとめるためには

「仕方なかったのかな?」

って感じですね
古代人云々ってのも盛り込みたかったのかもしれません

普通に考えると最後の最後にはプレデターに「殺られちゃう」だろうって
思うんですけどね(^^;

お奨め感覚:★★★☆☆(3)エイリアンとプレデターを戦わすアイデアは最高です(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,594円(税込)〜!





posted by たぁきー at 13:11| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

モンスター(Monster)

〜死を決意した売春婦のアイリーン
 最後の5ドルを使いきって死のうと決意するが...〜

なんだ!
これがシャーリーズセロンなの?
まずシャーリーズセロンの変身振りにびっくりします!(^^;

あの美しいシャーリーズセロンがここまで変わるの?
すっぴんだからではありません(^^;
ほんと別人のようになっているんですよね

「トリコロールに燃えて」で彼女の美しさに惚れ惚れした後だったので
余計にギャップが激しかったんですけどね(^^;

確か,主人公のモデルになった実際の死刑囚に似せるために
相当努力をしたんだったと思います
かなり増量(15Kgぐらいだったかな?)したはずで,
体を張った役作りは

「さすがアカデミー賞主演女優賞!」

って感じです(^-^)

ストーリ,最初はどうなんかな?って感じでただのゲイ物語を予感させたのですが,
中盤からどんどん盛り上がってきます

生きるためにはお金がいる
お金を簡単に得るためには体を売る

しかしあることをきっかけに運命は思わぬ方向に...

「今この瞬間の幸せだけのために罪を重ねる...」

この作品の奥底には

「愛に飢えた哀しい想い」

が潜められている

そんな気がします

しかし女優さんは大変ですよね
ブリジッドジョーンズの日記のレニーゼルウィガーもそうですけど
風船のように膨らんだり萎んだり...
努力の賜物ですよね(^^;

お奨め感覚:★★★★☆(4)変貌だけでなく演技もcoolです(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,594円(税込)〜!






posted by たぁきー at 11:22| Comment(3) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

トリコロールに燃えて

〜第二次世界大戦中のフランス,自由奔放に生きる女性,
 ダンサーの女性,教師の男性...この3人の関係はどうなるのか?〜

激動の時代を舞台に繰り広げらるラブロマンスです

幼い頃占い師に34歳以上のあなたが見えないと言われたギルダ
誕生日を嫌いながら短いだろう人生を謳歌する
我侭に見られてしまいながらも精一杯生きようとする
そんな女性の物語です

大戦中のフランスでの厳しい世情も描かれている
ただのラブロマンスでは終わっていない
でも戦争映画ではない
とても良い感じの作品です(^-^)




しかしシャーリーズセロン,めちゃくちゃ美しいです
息を呑む美しさってこんなんなんでしょうか?

大人の魅力満載でお届けします!って感じです(^^;
ペネロペクルスがちょっとしんどく見えるくらい

我侭な役柄が合わさるとさらに綺麗!

ほんとに美しいっていいですよね(^^;

お奨め感覚:★★★☆☆(3)少し話が長過ぎる感じでした

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,594円(税込)〜!




posted by たぁきー at 16:07| Comment(1) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お友達のオリジナルTシャツ・ウェア製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツ・ウェアがたった1枚から作れる!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。