このブログが気になったら...
もし良かったら<お気に入り>に追加して,
メルマガを購読して,
<人気blogランキング>に投票して下さい(^^;

2005年01月06日

パッション

「パッション」
パッション

メルギブソン監督,上映中に死者が出たと話題のあの映画です

刺激的なシーンが多すぎて,
もうストーリなんてどうでもよくなってしまいそうなくらい残酷な映画でした
見終わった感想は「しんどかった」の一言です

キリストが十字架を背負って歩くシーンを描いた映画は他にもありますが,
ここまでリアル(なのかやりすぎなのかは不明)なのは初めてです
私は聖書を読んだことはないので細かい詳しい部分はわからないのですが,
聖書にもここまで悲惨な状況が描かれているのでしょうか...?
機会があれば一度読んでみようかと思っています

私の父が絵画好きだったので家に色んな絵画書があったのですが,
その中にキリストを描いたものがありました
誕生から死,そして復活までを十数枚の絵画で綴ったものです
その中に描かれていたキリストには,わき腹から胸にかけて延びる大きな引っかき傷がありました
#確かあったような気がする(^^;
その傷がなぜついたのか...この映画を観て分かりました
ほんとにそれが理由なのかはわかりませんけど(^^;

キリスト教が一般的に知られている今であれば,キリスト側が良い者で被害者,
それを迫害した側が悪者でひどいやつ!って思えてしまうかもしれませんが,
当時はそれこそキリストというか新宗教は脅威だったんですから迫害するのも仕方なかったんでしょうね
この映画は「なんて惨いことをするの...」って思いながら観るとしんどくて辛いものになります
惨いことをする人の視点に立って,

 異教徒に対して迫害をしてしまうのも仕方ないな

とか,

 罪人としか聞かされてないんだろうからこんなことしても仕方ないな

って観方をすることをお奨めします
そうすれば,ほんの少しですけど楽に観れます

お奨め感覚:★★☆☆☆(2)ちょっとやり過ぎ,物語に集中できませんでした...


今ののBGMはJodeciのFallin'です。
posted by たぁきー at 12:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

パッション
Excerpt: 『パッション』という映画を見た。 愛の素晴らしさを説いた イエス・キリストが 十字架に架けられるまでの1日を キリスト教会が“正統”とした聖書を 忠実に映像化した映画らしい。 イエスが 傷つ..
Weblog: 光ある時を生きる。
Tracked: 2005-01-11 15:42

「パッション」
Excerpt: 「ブレイブ・ハート」でアカデミー賞受賞のメル・ギブソンが監督を務めた宗教映画。 この作品のために構想12年、私財30億を投じて作ったという彼の執念。 原題は「THE PASSION OF THE CH..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-01-12 03:08
お友達のオリジナルTシャツ・ウェア製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツ・ウェアがたった1枚から作れる!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。