このブログが気になったら...
もし良かったら<お気に入り>に追加して,
メルマガを購読して,
<人気blogランキング>に投票して下さい(^^;

2005年09月24日

着信アリ2

〜携帯の電話帳から感染すると言われる霊現象
 感染すると未来の自分から着信し死へと導かれる...
 あの噂は真実で,まだ終わっていなかった〜

恐怖の「着信アリ」の続編です!

今回は柴崎コウに変わってミムラ主演,映画界では2作目は当たらないと言われていますが果たして今回はどうなんでしょうか?

結果...微妙でした

恐怖度から言うと1作目の方が良く,面白味があったように思います

霊による殺され方ももうひとつの中途半端さで少し拍子抜け系でした

ストーリも散雑で,フラグメントの集合といった感じで観客がストーリを組み立てる必要がある気がします

前作から引き継いでいるようで,脈略のないつながりはある意味歯がゆいもので,

「ちょっとどうなのよー」

って具合に思わせます

舞台も無理に海外に飛んでるような気がして...

ただ,ラストのストーリ展開は「おー,そういうことなんだー」って感じで面白かったです

でももう少し表現の仕方を変えてたらもう少し良くなってただろうになぁ...

ちょっと残念です(-_-;

あと,音響によるビビらせ方だけは2作目の方が強化されていたように思います(^-^)

題材は個性的なのですが,描写はありきたりになっちゃってたのでこう感じたのかもしれませんね

やっぱり残念です(-_-;


お奨め感覚:★★★☆☆(3)おまけのお奨め感覚3です

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!




posted by たぁきー at 23:53| Comment(6) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

セルラー(CELLULAR)

〜携帯にかかってきた1本の電話
 それは誘拐されて監禁されているという女からのものだった...
 受けたのは元カノから子供だとバカにされたライアン
 この見ず知らずの女からの電話をいったいどうするのか...〜

なかなか楽しませてくれた作品

ストーリも分かりやすくて面白かったですー(^o^)

なぜか私はこの作品をホラーサスペンスだと思い込んでたんで最初は???だったのですが,すぐに勘違いに気付けました(^^;

これだけ身近になった携帯電話...

それがテーマになる映画が増えてきましたよね

ボイス,着信アリ,着信アリ2...

「それだけかー!」って声が聞こえてきそうですけど,今から「着信アリ2」を見るつもりなので許してください(^^;

「ボイス」や「着信アリ」は携帯が死へのエントランスになっていますが,この作品では「命をつなぐ僅かな望み」として希望を表すアイテムになっています

僅かな望みを託して壊れた電話機を使って電話をかける...なかなかできないですよね

「よく電話がつながったな」

と思う前に

「よく電話をかける方法がわかったなぁ」

って感心してしまいます(^^;

この女性を演じるキム・ベイシンガー,切迫した女性の危機的感情をうまく演じています

やはり大女優ですよね(^-^)

純粋に恐怖を感じる女性,子供を想う女性,夫を想う女性

観入ってしまいます


全体の流れでは,中盤〜終盤には無理な演出もありますが,途切れない緊張感のおかげで気にせずストーリに集中できます

また良い具合でイベントが起こるので,緊張しながら最後までずっと楽しめました(^-^)


しかしこの事件の背景にある別の事件,アメリカなら普通にありそうでほんと恐いですよね

そんなとこに出くわしたら私は逃げることしか思いつかないでしょう(^^;


誰だかさっぱり分からない女性からの電話

間違いやいたずらと感じてはいても疑いきれず電話を切ることができない...

ライアンは正義感の強い人ですよね(^-^)

わたしならきっと切ってます

というか知らない番号なら出ないと思う(^^;


そうそう,エステ開業準備中の警官,もうちょっとかっこいい人を使って欲しかったですー

なんか「しょぼキャラ」過ぎで...(^^;


お奨め感覚:★★★★★(5)携帯で話しながらの運転はやめましょう(^^;

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!




posted by たぁきー at 21:05| Comment(3) | TrackBack(17) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

クライシス・オブ・アメリカ(THE MANCHURIAN CANDIDATE)

〜湾岸戦争で夜襲された部隊をたった一人で救ったレイモンド・ショー
 勲章を受けヒーローとなり遂に副大統領候補になるが...
 部隊の全員が一字一句異なることなく記憶している彼の勇敢さ
 しかし,夢で甦るのは全く違う事実だった〜

デンゼル・ワシントン主演,メリル・ストリープ共演です

最初はただの大統領選,プレジデンシーの映画だと思っていました
正直なところちょっと24がダブった感じでレンタルしました(^^;

しかし,観ているうちにどんどん全く違う映画だというのが分かってきます

デンゼル・ワシントンは部隊を救ったレイモンドの上官,マルコ少佐を演じてます

マルコは彼に救われたことを記憶してはいるものの,毎晩うなされる記憶とは異なる「夢」に悩まされます

記憶では彼は英雄なのですが,夢では全く反対なんです

真実を知るべくマルコは調査を始めるのですが,実はそこには...


メリル・ストリープはレイモンドの母親で上院議員の女性を演じています

さすがベテラン,ストーリ展開の大きな役割を握っているこの女性をそつなく演じきっています

ある意味猟奇的とも言えるこの役に彼女はぴったりですね

しかし昔は恋愛ものも演じた彼女,だいぶ歳をとりました(^^;


普通の選挙映画か?と思わせたこの作品,SFちっくな要素も盛り込んでストーリにスパイスを効かせています

ただ,中途半端にSFちっくだったせいか,そのSFちっくなあたりが微妙に歯切れの悪いものとなってしまっていて,もうすこし歯切れが良ければもっと面白かったのになぁ...って感じです(^-^)


お奨め感覚:★★★☆☆(3)ラストの展開,分かるんだけど強引かなぁ(^^;

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!





posted by たぁきー at 12:49| Comment(6) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

コントロール(CONTROL OF ANAGRESS)

〜死刑執行された死刑囚リー,しかし彼は生かされていた
 生を与えられる代わりに,新薬の治験を強要されるが...
 凶暴性をなくし,後悔や慈悲の感情を持たせる新薬アナグレス
 死刑囚リーに何が起こるのか?〜


ウィリアム・デフォーとレイ・リオッタ共演のサスペンス!

これは面白かったです!(^o^)
ほんとに面白かったです

もう少し尺があった方が良かったかなぁ...
ちょっと展開が早すぎる感じで,「もう少しじっくり話しを観たいなぁ」といった不完全燃焼系の気持ちはちょびっと残りましたけど,とにかく面白かった一作です

ウィリアム・デフォー演じる新薬を開発する博士とレイ・リオッタ演じる死刑囚リー

この二人の心の計り合いが単純なサスペンスではなくしています

どうしてもこういったサスペンスにはありがちになってしまう「あれ?」って思うような微妙な矛盾はありますけど,ラストの展開はそれも忘れさせるほどのもので,結果的に「面白かったー!(^o^)」という気持ちにさせてくれます

最後にキーとなる「〜効果」

昔,学校で先生から死刑囚に「〜効果」を試したらほんとに死んじゃったって話を聞かされて驚いた覚えがありますが,それだけにこの話が面白く思えたのかも知れません

でもこれ以上書くとネタバレになりそうなのでこれぐらいにしておきます(^ー^)


お奨め感覚:★★★★★(5)「えぇー!」,ラストで驚いてください(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!



posted by たぁきー at 23:45| Comment(6) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

アナコンダ2(ANACONDAS THE HUNT FOR THE BLOOD ORCHID)

〜7年に一度,一週間だけ咲くと言われる幻の蘭
 その花には細胞の老化を遅らせることができる成分が含まれるのだが...
 会社存続の危機から抜け出すために一攫千金をねらってボルネオに乗り込む研究者達
 果たしてそこに待ち受けるものは...?
 〜

永遠の命題である不老薬を手に入れるためにジャングルへと進む研究者パーティー

しかし雨季を迎えたボルネオの川は,まるで行かせないようにするかのように行く手を阻みます


生き残りをかけて巨大ヘビ「アナコンダ」の脅威と戦うサバイバルアクション

前作アナコンダの続編,ジェニファー・ロペス主演のあのアナコンダの続編(でも今回は出演していません)です

続編と言っても前作とストーリ的にはつながりありません

題材を変えてアナコンダを強化してリメイクしたと言った方が良いかもしれません

ストーリ運びは前作とあまり変わらないもので,サバイバルアクションにありがちな

 ・恐怖の対象が現れる

 ・一丸となって恐怖から逃れようとする

 ・でも輪を乱す者が出てくる

 ・そして...

といった運びになっていて,非常に分かりやすい内容です(^-^)


この映画の見所はやはりアナコンダの描写,前作よりも気合を入れてきていることが分かります

単独のアナコンダもいい感じなのですが,「つぼ」なんかは最高で背中がゾゾーっとすること間違いなしですね

ヘビ嫌いの方には絶えられない仕上がりになっています(^^;


しかしあれだけ大きいヘビが近くを動いていても気付かないものなのかなぁ?っと観ながら思っていたんですけど,よくよく考えると

「普通のヘビとその餌になる小動物の体格比」



「アナコンダと人間の体格比」

って似たようなもんなんですね

それじゃ気付かなくても仕方ないかってなんか変に納得してしまいました(^^;


ストーリ展開はすぐに読める,B級...

でもこういうの私は好きなんですよねー(^-^)


お奨め感覚:★★★☆☆(3)「アナコンダ」を楽しみましょう(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!




posted by たぁきー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

サスペクト・ゼロ(SUSPECT ZERO)

〜まぶたを切り取られた死体,目を閉じることもできず何かを見続ける死体が意味するものは?
幻覚と偏頭痛に悩まされるFBI捜査官が捜査の末に行き着くところは...〜

面白かったですー!(^o^)

最初から犯人が出てきちゃうんで,

「なんで?シリアルキラーのサスペンスものじゃないの?」

って???でした








でも,全然違う角度で切り込んでくるサスペンス,うかつでした(^^;

捜査官宛に大量に送られてくる失踪情報
不可解なイラスト
悩まされ続けている偏頭痛と幻覚

様々な「キー」が絡み合って事件の真髄へと導いてくれます

そして,「犯人」が大きな「キー」となってストーリを揺さぶります

想像していたものと全く違うストーリ展開が新鮮で,ぐぐっと見入ってしまいました

ほんと面白かったです

観てください(^-^)

お奨め感覚:★★★★★(5)多くは語りません(^ー^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!





posted by たぁきー at 23:15| Comment(6) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

THE JUON-呪怨-(THE GRUDGE)

〜代役で介護に訪れたカレン,散らかった部屋を片付けようとするが...
 呪われた家に足を踏み入れてしまったカレンはこの後どうなるのか...〜

例の呪怨です!
大好きな呪怨です!(^o^)

清水崇がハリウッドの技術力を得てリメイクしたということでかなり期待して観ました

結果としては微妙な感じです
面白いのは面白いんですけど,もちろんストーリは知っている,恐怖どころもわかっているってこともあってか,衝撃度はオリジナルの方が数段上でした
またSFX的な面でもオリジナルの方が良かったと思います



視覚的な呪怨の怖さはやはり

 白い子供

だと思うんです

もちろん防犯カメラに写る伽椰子や布団の中に引きずり込まれるところもそうですけど,やっぱり「白い子供」だと思うんです
#役柄ではなく「白い」子供

それを考えるとSFXなんて別に無用なんですよね
白塗りで,目を黒く縁取った子供を用意すればいいんですから(^^;

その子供と,ストーリに垣間見る呪いの家の背景,じめっとした感じの映像と,日本人の表情

これらが組み合わさってあの「恐怖」を醸し出しているような気がします

結果,オリジナルに軍配があがってしまいました

別にどっちが勝ちとかそういうもんじゃないんで,そんなことどうでもいいことなのかも知れませんけど(^^;

オリジナルを観た人はオリジナルとどういったところを変えて撮ってるのか比べてみたり,初めての人は純粋に怖さを味わう
そんな楽しみ方はどうでしょうか?

でも結局リメイク版も怖くて面白いんですけどね(^^;

お奨め感覚:★★★☆☆(3)初めて観る方にはお奨め感覚4です!(^-^)

---

お友達のオリジナルTシャツ製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツがたった1枚から作れて今なら1枚目2,457円(税込)〜!
Autumn SALE!!中です!



posted by たぁきー at 15:54| Comment(8) | TrackBack(13) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お友達のオリジナルTシャツ・ウェア製作のネットショップです!
よかったら一度訪問してあげてください(^-^)

オリジナルTシャツ・ウェアがたった1枚から作れる!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。